住宅ローンの審査前の準備

住宅ローンには審査が必要です。

審査の厳しさは金融機関によって異なります。

私が知っている情報になりますが、まず勤続年数が最低3年なければなりません。

これは一カ所での勤続年数が長い方が、社会的信用があると見なされるためです。

職を転々とされている方は、年収にもバラつきが出ますし、お給料が上がる見込みも少ないからだと思います。

そして、通信料金の滞納や税金等の未納金がないかというところも重要です。

これがあってはほぼ間違いなく審査は通らないと思ってもいいでしょう。

銀行もローン返済が滞っては困ります。

厳しいようですが年収が低い場合も審査は通りにくいです。ですが、もしある程度の貯蓄や定期預金などがあるのならば、それが有利に働く場合もあります。

自分名義の通帳のコピー等、証明できるものを審査時に提出すれば、審査の対象にしてくれるようです。

頭金の提示なども有利に働くかもしれません。

また車のローン返済など、条件付きで審査が通る場合もあります。