住宅購入のためだけではない住宅ローンの資金使途

住宅ローンというとどのようなイメージを持っているでしょうか。大半の人は住宅を購入する際に利用するローンだと思っている人が多いのではないでしょうか。住宅ローンは住宅を購入するための資金を調達するために利用することがほとんどなので、そのように思ってしまうのも無理ありません。

 

しかし住宅ローンの資金使途は住宅購入のためだけではありません。それ以外の用途にも使用することができるのです。具体的にどのような目的で住宅ローンの融資金を利用することができるのでしょうか。

 

まず建物を新築する場合、その新築費用のために住宅ローンの融資金を当てられます。次にリフォーム目的で建物を増築したり、改築したりする目的でも利用可能です。そのため住宅を購入してからも住宅ローンを借り入れる機会があるのです。

 

リフォーム費用も通常数百万円単位になるので、自己資金で負担するのが難しいのが現状です。そのため住宅ローンを利用してリフォーム資金を調達する人も結構います。